タイプの違うガラス系コーティングの特徴とメリット

車の維持でかかる料金内訳

駐車場

車を安全に走行するために必要な車検ですが、その費用はそれなりに費用がかかるものです。では、その費用の内訳について確認していきましょう。その内訳は、法定費用という必ず固定額でかかる料金です。種類としては、重量税や自賠責保険料、印紙代があります。これらの料金は車種によっても異なるのです。金額が一番安いのは軽自動車で、重量税であれば約6600円、自賠責保険料は約21970円、印紙代は約1400円という料金になっています。それに対し、乗用車であれば重量税が一番安いもので約16400円から高いものでは41000円、自賠責保険は統一で約24950円、印紙代も統一で約1700円という料金になっています。そのため、軽自動車と比較すると最終的な料金に大きな違いが出てくるのです。
年々の料金は変化していますが、ディーラーや整備工場など出す場所によって変わるということはありません。しかし、車検の料金は工場によって全く違った料金で設定されています。その理由としては、法定費用とは別にかかる料金があるからです。その費用として含まれているのは、車検基本料と言われている料金です。車検基本料は各工場の目安で決める料金のため、その料金に違いが出てきます。ディーラーに車検を出す場合には最も高額の料金になりがちですが、自社で販売している車については最も熟知しているのがディーラーであるため、安心して預けることができるでしょう。もちろん、その他の民間整備工場であったり、ガソリンスタンドやカー用品店で車検を通すということもできます。また、ディーラーよりは基本的にその他で車検を通す方が安い料金で済むでしょう。しかし、それぞれで行なっているサービス等に違いがあるので、依頼前に事前に確認しておきましょう。お財布と相談して、料金で選ぶか技術が最も信頼できるところを選ぶかを決めるとよいでしょう。