タイプの違うガラス系コーティングの特徴とメリット

ガラス被膜の力

白い車

大阪で愛車をキレイに維持するのであれば、コーティング剤の存在を忘れてはなりません。ガレージ保管を除いて、基本的に車は太陽光や雨を浴び続けます。そうなってくると、塗装へのダメージは免れません。また、汚れも付着します。そういったものから保護するためにコーティング剤があるのです。コーティング剤で最も効果の高いとされているものでガラスコーティングというものがあります。ガラスコーティングは内容成分として含まれるものが塗布した際に化学反応を起こし、ボディ表面にガラス膜を生成するコーティングの事です。ガラスコーティングはガラス質であるため、膜が非常に硬いのが特徴的です。その結果、膜の耐久年数は3年から5年ほども持つとされています。その間、洗車をする時はガラスコーティングの効果によって、水洗いをするだけで汚れを落としてしまうほど洗車が楽になります。
大阪で施工を行なう場合は、プロに依頼すると均一にコーティングを行なってもらうことができ、また市販のものと比べると硬度も違い長持ちします。依頼をする時には、撥水の種類を選ぶこともできます。コーティング剤には親水性・撥水性・疎水性という水の弾き方にもいろいろ種類があるのです。弾き方それぞれにメリット・デメリットがあるので、特徴については大阪のプロの方にお伺いしてみるとよいでしょう。大阪の各ショップごとの営業時間が異なるので、事前に確認して依頼するようにしましょう。