タイプの違うガラス系コーティングの特徴とメリット

ガラス被膜の力

白い車

日々、太陽光に照らされ続け、時には雨を浴びることもある車は手入れしなければ、その表面は痛むばかりです。そういった天候などからも守ることができるものでガラスコーティングというものがあり、コーティングをすることでキレイな状態を維持できます。

もっと見る

車の維持でかかる料金内訳

駐車場

車を所有する上では必ず必要な車検ですが、この車検は高額な費用が発生してきます。また、その料金は依頼する工場によっても違います。それぞれの工場によっても提供しているサービス内容に違いがあるので、各工場で確認してみましょう。

もっと見る

水の弾き方には種類がある

自動車

車のコーティング剤は、ポリマーやガラス系コーティングという種類があります。コーティング剤の種類でガラス系コーティングは最も人気が高いです。理由としては、皮膜自体が固く長持ちするためです。ガラス系コーティングには種類があります。その種類は、親水性・撥水性・疎水性というもので、それぞれメリット・デメリットがあるのでその違いについて確認してみましょう。まず親水性というものですが、このタイプはボディ表面の水の馴染みがよくなり、水玉にならないようにします。そうすると、水がボディに張り付くような形で流れ落ちます。完全に弾くタイプでないので、雨などが降ると常に一定量ほどの水分を保つ事が出来るのも特徴的です。それによって、ボディに付着するゴミを流す効果があります。しかしそれは、大量の雨が降らなければ効果が発揮できない事もあるので覚えておきましょう。続いては、撥水性です。この撥水性は、水玉上に完全に水を弾くことができるもので、傾斜がある車ほど汚れがたまりにくい特徴があります。水滴として弾くため、流れ落ちない場合にはウォータースポットと呼ばれる水垢が出来てしまう点もあるので注意が必要です。最後に疎水性についてですが、これは親水性と似ていて水を馴染ませる効果があります。しかし、撥水する力があるためある程度の水分量になると、そのまま流れていきます。親水性と違ってボディ表面に水分を保たないのが特徴です。

ガラス系コーティングを業者に依頼する場合、最も性能の高いコーティング剤であるため、その費用は高額なものになります。また、料金や施工時間は各工場によって違いがあるので依頼前にネットなどで調べておくとよいでしょう。

車検を安くするための手段

車内

車の定期健診は高額な費用が必要です。車検でかかる料金は安くて約3万や4万、乗用車のような車では10万を超える場合もあります。神奈川には激安で車検を通す場所がいくつかあります。ネットなどで調べて依頼してみましょう。

もっと見る